ベンジャミン・グレアムの名言

ベンジャミン・グレアムBenjamin Graham

「感情をコントロール出来ないならば、投資のプロセスには向いていない」

グレアムは、株主は株式を『ビジネスを受領できる所有権』として考えるべきであると薦めた。心にそのような見方を持って、株主は、気まぐれな株価の変動にあまり気を煩わすべきではない。短期間で見ると市場は、投票機械のように振舞うが、長期間で見るとおもりを計る機械のように行動する。つまり長い目で見れば、株式の価格とその本来の価値は等しくなる。

グレアムは投資が最も能率的になされるときに投資が最も知的になると教える。バフェットは、この陳述をこれまでに書かれた投資についての言葉の中で最も重要な言葉であるとみなしている。グレアムは、投資家は会社の財務状況を分析することに時間を費やすべきだと言う。他人が自分に同意するかしないかということで、株式投資家が間違っていたり正しかったりすることはない、事実と自分の分析が正しいから自分は正しいと彼は述べた。

グレアムの好きな寓話は『ミスターマーケット』という毎日株主の家のドアの前に現れては、毎日違う価格で株の売買を持ちかけてくる親切な人物の話である。ミスターマーケットによって提示される価格は、しばしば妥当なように思えるが、それはしばしば馬鹿らしい価格のときもある。投資家は、彼の提示した価格に同意し取引してもよいし、彼を完全に無視してもよい。いずれにしろミスターマーケットは、翌日も他の株式の価格を引き合いに投資を持ちかけてくるのだ。問題は、ミスターマーケットが気まぐれで提示してくる価格に振り回されてはいけないということである。投資家は、市場に参加することではなく市場の愚かさから利益を得るべきである。投資家は、ミスターマーケットがしばしば行う不快な言動に対して、過度に気をとらわれるよりも、むしろ現実世界の会社のパフォーマンスに注目し、割安な株式を取得することに集中する方がよい。彼は、会社の財務状態の分析なしに、価格が高騰しているという理由だけで株式の取得を勧める人間に批判的であった。この観察は今日も極めて妥当である。