イナゴの作法

はい、こんばんは!はれです(`´)ノ

確定申告ですね!忙しい!やばい!僕は大体一日20人くらいの申告書処理してます。相談まで入ってくるともう大変です。しかしこの時期株式の様子が見れるのは面白いですね。年によって損失繰り越しが多いのか納税が多いのかで景気を肌で感じることが出来ます。

さて、今日は忙しいので手短に。イナゴの作法・・・短期トレードについてです。

イナゴタワーとは?

仮想通貨をしていると必ず目にする言葉、それは「イナゴ」です。

イナゴとはチャートがぐんぐん上り始めたときにFOMA(乗り遅れると損しちゃう!っていう心理)におちいってしまい、ついつい手を出してしまう人の事を言います。

上の図はそんなイナゴが陥りがちなチャートですね。急に上昇を始めたチャートをみてついつい手をだすんだけど結局天井について売り時を逃がして損を出すちゃう。

元々思い入れのある通貨でもないので、ここから先上がるかも予想ができず、狼狽し、いやだいやだと思っているうちにさらに価格は安くなる、そこでようやく損切をする。ところが一週間後その通貨はまたパンプを起こし価格上昇する、それを見てまた手を出す・・・。

経験ありますか?

あるのなら考えましょう。なぜ損をしてしまったのか。

簡単です。

もっと儲けられる!という感情

損をしたくない!という感情。

この感情が邪魔をしたのです。

最重要のトレード手法:感情のコントロール

僕はよくツイッターを見ていて思うことがあります。

それはとにかく感情をむき出しにしたツイートが多いと言う事。

~~が値上がる、~~はいいファンダがある、~~は逆三尊だし絶対あがる。

BTCにチューチューされている、俺はこれをして儲かった、~~のチームが好きだ。

全てただの感情です。その人の思いです。これに釣られては駄目です。これはあくまで呟いている人の考えた情報でしかありません。あなたの考えでは無いのです。

ただの雑音に流されてはいけません。

しかし感情自体を否定しても駄目です。

仮想通貨はFUDに代表されるように感情を含めた要素がチャートの上下に利用されます

僕たちはギャンブルではなく、投資をしなければいけません。

そのためには感情に流されては駄目で、感情をコントロールし、全体の感情の向きがどちらに向いているのかを含めてチャートを見ていかなければいけません。

もしあなたが何かのチャートを見て焦って買いを入れようとしてたり、焦って売りを入れようとしているのならいますぐやめてください。

注文を出すときは頭の芯が冷えている状態で行いましょう。これはトレードにおいて最重要です。

イナゴの作法

さて、では上図のチャートにおいて勝つにはどうしたら良いでしょうか。

イナゴにも賢いイナゴと馬鹿なイナゴがいます。

僕は常に賢いイナゴであろうとしています。

簡単です。イナゴは少なく儲けて、損も少なくする。

このルールさえ守れば賢いイナゴになれます。

つまり利確をするパーセンテージはガッチリ決めて置く。パンプされる通貨の直近の上下価格差にもよりますが1%~5%がいいところでしょう。必ずチャートの上の様子を見てからではなく、機械的に指値しておきましょう。

そして損切も同様です。指値にかからずタワーが壊れてしまった時は、「また上がるかも」ではなくすぐ機械的に売って下さい。その結果そこからまたパンプしても「しまった!持っておけばよかった!」ではなく、自分のルールを守れたことを誇って下さい。

とにかく自分にとってリスクとなる通貨を保有し続ける事は決してしないでください。ストレスがたまるだけです。

イナゴで大きく儲けようとしないでください。小さく勝ち回数を重ねて儲けるのがイナゴの作法です。

イナゴの実例

では次からは僕がイナゴした実例を見ていきましょう。

ここ1週間でわかりやすくイナゴできる機会が少なくとも10回はありました。

僕が主戦場にしているのはバイナンスですが、ほかにもbitbankやQuoine、Huobi、Cryptopiaなどがあります。バイナンスではアルトコインを、国内はXRPやモナ、XEM、Cryptopiaなどでは草コインでイナゴしています。

バイナンスのイナゴだけでいうなら今週わかりやすいものは下で例示するBNB、WPRから始まりGTO、TRIG、NEO、QTUMなどがありました。

僕が確定申告で忙しい中で情報集めた程度でこんなにあるんですから、時間に余裕のある人はもっと探せるはずです。

アルトがBTCに吸われているお葬式だ、動かない方がいい、などと感情的になっている空気の今日もイナゴの作法で儲けられる機会がありました。

気づきましたか?

例①:BNBのイナゴタワー

バイナンス公式でBNBについてツイートされた瞬間タワーが出来上がりました。

ツイート直後にイン。1%だけで指値して無事売り抜き。

なお全体では元々手数料用に保有していたこともあって2%ほどは抜けました。

例②:WPRのイナゴタワー

以前の記事でも書きましたが、こちらも分かりやすくバイナンス案件から例に出します。

順位が入れ替わる前後にタワーが出来上がりました。

WPR

このタワーは美味しかった。イナゴとしては上出来で、60%抜けました。こちらの利確は例外的で僕は投票順位をリアルタイムで確認しながら行いました。

怖くてギリギリでは売れませんでしたが、60では逆に勝ちすぎな部類です。勝ちすぎはあまり良くないので気を引き締めて、いまWRPはまたインのタイミングを計っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

絶対勝ちたい!と誰でも思うことですが、相場の値動きは誰にもわかりません

よくツイッターで100%勝ってる様子が呟かれていますが100%嘘です。

そんなことがもしできたら既に兆り人となっているはずでしょう?レバレッジとはそういうものです。

デマに惑わされないでください。

自分の感情をコントロールし、自分のルールで売買注文をしてください。相場の動きはわかりませんが、値上がった瞬間に売れば損する事も無いのです。欲張らないでください。

面倒くさいと思うかもしれませんが、小さな儲けこそが大きな儲けにつながるのです。

賢いイナゴになりましょう(・ω・)

ではまた(‘ω’)ノ

↓ワンクリックお願いします(・ω・)


人気ブログランキング