APISで誰でもマスターノードが出来るようになる?

はい、どうもはれれです(`´)ノ

まだICO段階なのでイナゴもクソもないので安心してじっくり調べましょう。

APIS(Advanced Property Investment System)とは?

ビットコイントークはこちら

公式サイトはこちら

公式ツイッターはこちら

ホワイトペーパーはこちら

APISは、より広い範囲の人々にマスターノードを提供し、マスターノードの利点を享受できるようにするための「マスターノード仲介プラットフォーム」を構築します。

マスターノードの最も特徴的な点は、マスターノードに投資している投資家は、一定期間マスターノードで資金をロックするだけで、安定したほぼ確実な利益を得ることができるということです。

しかし、その魅力的な特徴にもかかわらず、多くのマスターノードは大規模な資本(大量の仮想通貨保有)と複雑なソフトウェアエンジニアリングを必要とするため、マスターノードのホスティングはほとんどの普通の人にとっては手が届きません。

これらの個人を集めて、全体としてのマスターノードを形成することを支援することによって、より多くの人々に大規模なマスターノード投資に参加してもらい、十分な知識を持たずに市場に投資するよりもはるかに安全な投資方法を提供できるようになります。

要するに個人では手の届かないマスターノードを、人数を集める事によって可能にするプロジェクトです。

これすごいことですよ。マジで技術的にできるのってレベルで凄いですね(‘ω’)

では細かく説明していきますね。

まずマスターノードって何?ってところからです。

マスターノードとは?

有名なのがTRIGやNEOですね。これらを一定数持っているとマスターノードが出来ます。

ではマスターノードとは何でしょうか?

金融商品で例えるなら銀行の金利や株式の配当みたいな物です。例えばTRIGだと1500TRIGで25%のトークン金利がもらえます。このマスターノード・・・TRIGはウォレットに入れるだけでいいんですが、DASHなど多くのマスターノード系コインはサーバー構築やらプログラミングやらで専門的知識が必要となります。

僕のようなド素人にはまったくわかりません(`´)

そこでド素人のためのサードパーティですが第3者にお願いしてマスターノードするサービスが非公式であったりします。が、これらは預け先への信頼性が大前提に必要な点や、通貨ごとにサービスを立てる必要があります。なのでやはり条件が厳しいものとなります。当然APISプラットフォームも同様なのですが。

そもそもなぜこれらの通貨はマスターノードを行うのでしょうか?

ビットコインなどの通貨はマイナーたちがそれぞれの高スペックなパソコンで膨大な計算の速さを競いあいマイニングし、承認作業を行い、通貨の正当性、信頼性等を担保しています。

マスターノード系通貨ではこれが種類の差によって多少やり方は異なりますが、新しいブロックの生成などの特定のネットワーク機能がマイナーによって処理される他に、ガバナンス機能を実行する「マスターノード」で構成されるようになります。

このマスターノードは、シビル攻撃を防ぐために一定数の通貨保有量を担保として要求します。この担保はいつでも通貨として使うことができますが、使った段階でネットワークから関連するマスターノードが固定され使用できなくなります。マスターノードはこういった重要なネットワーク機能を提供し、ブロック報酬をマイナーと分け合うわけです。マスターノードとマイナーはそれぞれブロック報酬から一定数のトークン報酬を獲得します。

要するに通貨の信用を守るためにお前の通貨を使わせてくれ。

代わりに報酬あげるぞってことです(‘ω’)

このマスターノードの良い所は、最初に一定数の通貨さえ所有する事さえできれば、その通貨が爆上げすればするほどにもらえるトークン利率がよくなる点です。まさに不労所得。

APISはどんなコイン?

ざっと言うとAPSIプラットフォームにおいて、マスターノードができるコインのマスターノード構成を仲介することでノード構成に寄与した分補償を提供する画期的なPoS通貨です。

このマスターノードを調停するためにAPISを保有し、APISコアプラットフォーム内で支払ったコインの量に応じて好きな通貨のマスターノード補償を入手可能です。 さらにAPIS自体もマスターノードが可能で5万枚で報酬をもらうことができます。

1つ例が挙げられていたので引用します。

例)太郎くんは安定した収入を得るためにDASHマスターノードを形成したいと考えていますが、DASHの最小数マスターノードを形成するのには硬貨が1,000枚も必要です。しかし太郎くんはAPIS Coreを使用して100個のDASHコインのみでDASHマスターノードを形成できることを知っているのです。指定された投資時間が終わると、太郎くんは獲得した報酬総額の1/10を受け取ります。

つまり、マスターノードしたいけど暗号通貨が足りなかったり、技術が無かったりする人がAPISのプラットフォームにAPISと対象の通貨、もしくはAPISを預け入れることで、一定期間固定後(マスターノード期間)に預けていた通貨の量に応じて報酬を受け取るという内容です。

不労所得万歳な内容ですね(`´)

ちなみにAPISコインの預け入れ量に応じてもらえる報酬額も異なります。以下の図を参考にしてください。

5%が通常報酬。最大500,000APIS預け入れで20%です。

ちなみに発行枚数は9,520,000,000枚。XEMとかDGBと同じくらいの枚数。

うーん、魅力的だ・・・。ほんまかいなと疑ってしまうわ・・・。

APIS ICOへの登録

現在APISはICO中です。Privatesaleが終わり、次は2/20にPre-saleがされます。ここで購入すると8%のボーナスがもらえるので興味を持たれた方はどうぞ参加してみてください。

ICOはQTUM払いとなりますので注意してください。

専用ウォレットから支払いをするようにしましょう。

なお、専用ウォレットの同期設定は環境によってはかなりの時間がかかりようなので参加する方はお早めに(‘ω’)

僕は同期5分で終わりましたが(‘ω’)

さて、ICOが初めてでわからないという方は以下を参考にしてください。

まず公式サイトで登録をします。

①Register for ICOをクリックです。

②参加登録をします。

まずメール認証とパスワード登録からです。

入力が終わったらREDISTERをクリック。

すると入力したメールアドレス宛に承認メールが届くのでリンクをクリックしてください。

この状態になればOK。

さて、次はウォレット設定です。

③ウォレットの設定。

APISではQTUM払いでのICO参加となりますので、QTUMの公式ウォレットをまずダウンロードします。自分の環境にあったQTUM Coreというアプリをダウンロードして下さい。

ダウンロードはこちらから。

ダウンロードが終わったら解凍してください。welcome画面等表示されるのでOKを押して進めていくと自動的に同期設定の画面になります。

しばらく放置してください。

ネットワークとの同期が終わるとこの画面が消えて右下にチェックマークがでます。

次はウォレットの暗号化です。

上部にあるSettingからEncrypt Walletを選択し、パスワードを設定してください。

設定が完了するとウォレットが再起動します。再起動しない方は自分でアプリを起動してください。

パスワードは必ず忘れないよう厳重に保管してください。なくした場合ウォレットが使用できなくなります。

次はウォレットのバックアップを取ります。

クリックすると保存場所を聞かれるので、ファイル名を付けて保存して下さい。

さて、いよいよICOでの本人認証です。

④本人認証

最近はICOでもKYC(本人認証)が必要なプロジェクトが増えてきましたね。

クリックすると次の画面になります。必要項目を入力してください。

ウォレットのアドレスは先ほど設定したアプリからコピーしてきます。

Receiving addressをクリックして出てくる画面にデフォルトで1つのアドレスがあります。

これでもいいですし、新しく作る事もできるのでそちらでもいいです。

このアドレスをコピーして本人確認画面のウォレット欄に入力してください。

次は本人確認書類の提出です。uploadボタンを押して下記の2種類の写真を提出してください。

パスポートを持っている方はパスポートで登録しましょう。なお、免許証しかない方でも可能なようです。

僕は試しに免許証登録で現在申請中です。

説明書きに登録はローマ字で、とあるのですが、以前にarcblockで同じく免許証登録した時はローマ字だとはじかれて漢字で登録が通ったので、APISも漢字で申請してみました。通ったかどうかは追って報告します(`´)

2/10無事、漢字入力で本人確認通りました(‘ω’)

KYC期間終了につき、現在メール登録してもpre-sale参加はできません。次のcrowd-saleを待ちましょう(‘ω’)

免許証等の写真だけのファイルと免許証もしくはパスポートを一緒に見せている状態での自撮り写真のファイルが必要となります。

以上で、登録完了です。pendingとなりますので、あとはAPISチームが本人確認を認証し終わるのをまってください。

いかがでしたでしょうか。

人気のあるICOは上場後すぐに倍々の価格がつくことも珍しくありません。APISは正直なところ今あまり人気が無いです。だからこそ、と考えるか、ならいいや、と考えるかはあなた次第です。

これから日本語での翻訳等予定しているのでそれを待ってまた追記します。

ちなみにメンバー写真や所在地等がなかったりするなどscamではないかというFUDがあるようです。そこも合わせて調査中です。

メンバー写真、ミートアップ動画等が公開されました。

ではまた(‘ω’)ノ

↓参考になった!ありがてぇ!っていう方はクリック応援お願いします(`´) 

人気ブログランキング

最新ニュースについてはこちらもご覧になって下さい。

APIS更新