仮想通貨TFD(TE-FOOD)について、取引所や将来性はどうか

はい、どうもはれれです。

TOMOが上がり始めていますね(`´)

今回はTOMOと同じくIDEXにおいて取引高が上位に入っている有望銘柄の紹介です。

TED(TE-FOOD)関係情報リンク

$TED公式サイトはこちら

公式ツイッターはこちら

Mediumはこちら

Redditはこちら

ホワイトペーパーはこちら

$TEDの時価総額、チャートはこちら

TFD(TE-FOOD)の基本情報

食品のトレーサビリティに注目した通貨
ERC20トークン
総供給 565,959,433枚(循環417,575,060枚) 最終10億枚
食べ物の情報のための消費者用モバイルアプリ開発
材料の発注と管理を識別できる統合モジュール開発
BtoBであると同時にBtoCでもあるプロジェクト

TE-FOODの魅力

①食べ物に注目するという独自性

TFDは食品の安全性に関わるトレーサビリティに注目しています。生産者から底の仲買、卸し、加工業者や小売業者等々を通じて、最後に消費者の手元へ食べ物は来るわけです。ただ当然伝言ゲームごとく間を挟むほどに食べ物のもとの形、情報は分からなくなる。それをブロックチェーンの技術を使用して誰の目にも見える用にするのがこのTFDという通貨のプロダクトです。

②取引ボリュームの多さ

こちらの通貨、主にIDEXで取引されていますが、IDEXの取引量上位銘柄となっています。流動性の高さはそのまま通貨の価格上昇や参加者の多さを示しますので期待できます。

③海外注目銘柄

日本ではまだインフルエンサーが食いついていませんが、海外では既に有名人が大勢仕込み始めています。現在時価総額400位台というまぎれもなき草コインなのにイベントカレンダーも更新が半端じゃありません。

④Pump経験無し!!

pump処女銘柄です。まだまともに取引できるのはIDEXのみ。しかも価格はICO割れです。イナゴがいないんです。

なお、既にベトナムでビジネス活動を始めており18,000匹のブタ、200,000匹のニワトリ、250万個の卵を毎日追跡(トレーサビリティ)しています。現在もまだまだ安値なので取引所上場先が拡大、もしくは通貨を利用する農場、生産者が増えるほどに価格上昇が期待できます。

⑤その他もろもろ

草コインなのにおもしろい材料がとにかく多いので一度公式ホームページを見てください。

例えばこちらのニュース

肉質検査プログラム、つまりAIを使用して肉をスマホのカメラで撮るだけで新鮮度が分かるというシステムを開発しています。

公式Mediumではそのほかにも、スマートコントラクトの利用やビジネスの進める方向性についての解説などが紹介されています。ぜひご覧あれ。

TFDの提携先

GS1・・・一般財団法人 流通システム開発センター。複数の地域にまたがるサプライチェーンの効率と透明性を高めるため、国際規格を設計・策定する国際組織。GS1の規格体系はサプライチェーン用規格として世界で最も広く採用されている。

Sankofa・・・ Sankofaは北米と西アフリカにオフィスを構え、2009年以来この地域の農業および環境プロジェクトを管理しています。ベトナム地域外への市場開拓を実施中。

Telennorma・・・ドイツの小売業界におけるソリューションプロバイダーです。 Telenormaは小売企業向けにドイツでTE-FOODのトレーサビリティシステムを導入する予定となっている。

Unisto・・・Unistoはスイスに拠点を置くセキュリティシールの国際メーカーです。TE-FOODの高品質シール(トレーザビリティを確立するための必需品)を製造しています。

Zalo・・・Zalo.meは、7,000万人のユーザーを持つ無料のメッセージングモバイルアプリケーションです。TE-FOODのQRコードはZaloアプリで読み取って食品をトレースすることができます。なお、Zaloはベトナムのモバイル市場でFacebookを超えるユーザー獲得数を持っている。

Laurel・・・Laurelはハンガリーの大手小売技術プロバイダーです。 1993年以来、POSソリューション、店舗管理システム、店内マーケティングツール、在庫管理システムを提供しています。

ローレルの顧客には、テスコ、メトロ、オーチャン、IKEA、SPAR、アディダス、バトラーズ、コカコーラ、ハービス、バウハウス、プラクティカなどの企業が含まれています。

TFDのまとめ

有望です

着実に提携先を増やしつつ、既にトレーサビリティ自体は動き出している。

ベトナム市場以外の市場開拓に意欲的、海外インフルエンサーが仕込み済み。

草なのに内容が具体的にしっかりしているのが魅力的。もうプロジェクト動いてますからね。

ただ、メンバーに他の通貨の有名人がいませんのでそこがマイナスポイントではあるかもしれません。

ICO割れしたのは単に地合いが悪かったせいとしか思えません。

ではこの辺で(‘ω’)ノ

↓おしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング