TomoChain(TMC、TOMO)について、取引所や将来性はどうか

すっかり間が空いてしまいました、どうもはれれです(‘ω’)

JPYマイニングが忙しくて楽しい毎日です。

仮想通貨トレードは忘れずにしていますよ。ツイッターではよく呟いてますがNEO系列が楽なので最近よく回転しています。

さて、じゃあ今回はNEO系ではなくTOMOについてです。なんでこのタイミングかというと海外でやたらと煽りが始まっているからです。内容気になったのでチェック。では早速。

TOMO関係情報リンク

TOMO公式サイトはこちら

公式ツイッターはこちら

Mediumはこちら

Redditはこちら

ホワイトペーパーはこちら、日本語なのでぜひ読んでみましょう

TOMOの時価総額、チャートはこちら

TOMOchain基本情報

ETH系列通貨(PoA)
総供給100,000,000TOMO (循環55,000,000 TOMO)
拡張性重視のインフラを構築(マスターノード、サービスノード、ETHとのクロス取引、スマートコントラクト、ICOプラットフォーム、分散管理システム等々)
透明性と信頼性
取引手数料ゼロ
検証時間のないトランザクション

TOMOの魅力

①コミュニティの多さ

まぎれもなき草コイン。現在ランキング200位以下です。ですが、TOMOのテレグラム加入者数はなんと17,000人。先日紹介したELAよりも多いんです。

コミュニティの強さは通貨の強さ。いまは仮想通貨全体が下げている状態ですが、地合いがよければ一気に上げておかしくない。

②海外インフルエンサー推し通貨。

日本ではあまり呟かれませんが、海外で人気の通貨です。そう、Hype rateがやたらと高いのはこの通貨の特徴です。とにかく宣伝する。提携する

あれもできるこれもできる。あれもするこれもする。そのおかげでICOは成功しています。

最近は他の通貨と同様にdump気味です。下げトレンド。しかし海外の有名インフルエンサーが煽り始めました。価格が一枚40円ほどで枚数もそこそこタワーを作りやすい。さらに拡張性の欄を見ればわかる通り煽り安い材料を大量に持っている。地合いがよくなれば・・・。

→上昇開始中

③チームに有名人がいる

そう、日本で仮想通貨しているなら誰もが知っている仮想通貨通貨NEMの共同創設者です。

他のメンバーもいい顔ぶれです。

Tim Draper(こちらかなりの有名人ですね)BTCの超絶ポジトーク投資家です。参考記事

彼と一緒に働いていたこともある人がアドバイザー。

QLCのディレクターもアドバイザーにいます。

④競合に関して敏感

成功につながる価格についてとてもナイーブなんです。ホワイトペーパーで「TOMOcoinアルゴリズムの金」と題して金額についてこまごまと説明しています。普通はコインの発行割合を軽く紹介するだけですが供給量やインフレ対策、果ては競合に対する市場分析までしています。

投資家心理をしっかりわかっていますね。夢を語る前に金のことを語れと。

僕は金にどん欲な運営者が好きです。

TOMOのロードマップ

2018年2月

  • トークン統合
  • TomoChainのシミュレーションへのトークンの統合
  • 賞の仕組みの導入
  • TomoChainのアルファ版リリース
  • スパムとDDOSアルゴリズム

2018年3月

  • 公式バージョンのTomoappのリリース
  • TomoappはTomoChainと正式に統合される
  • 公式ボーナスシステム
  • 第三者向けのAPI開発
  • Tomo電子財布

2018年4月

  • TomoChainの正式版をリリース
  • 外部装置用のTomoChainソリューション
  • インテリジェント契約テンプレート
  • 分散デッキの統合
  • プラズマ構造をスマートな契約に統合する

ロードマップは割とどうでもいい。既に遅れ気味の様子。

TOMOのトークン配分

流通が55,000,000枚。総供給は100,000,000枚。

内訳は以下の通り。

ICO時調達額は8.5億。まあ妥当です。

TOMOの提携先

この他にも順次増やしていますね。

TOMOのまとめ

材料はとてもいい。

通貨の内容も実現できるのなら素晴らしい。

TOMOのブロックチェーン上でスマートコントラクトによって様々なアプリが動く、もしくはICOが行われることが現実になるのなら何もしなくても値上がります。

ただ、イマイチ僕にはこのTOMOが何をしたいのかが見えてきません。それ他でもあったよねと言う内容の通貨なイメージです。オープンプロトコルな所とか含め、この競合他社が多い分野は技術者次第という感じがしてきます。最終的にはどの通貨も技術競争なのですが。

現時点で上げてもおかしくない条件は整っています。

  • コミュニティ多
  • 有名人有
  • Cap良
  • 煽り材料技術多々有
  • IDEXにおける取引高上位

あとは誰がどの程度食いつくかです。12月のアルトバブルを経験していないピッカピカ通貨なのもいい条件ですね。

海外の煽り屋の中にはかつてのNEOのようだ、買わない理由が無い、とまで言っている人もいます。果たして・・・。

現在0.00096BTCです。一枚約42円ほど。いまのところ上げたり下げたりしてますね。

購入できる取引所はIDEXになります。

購入するにしてもBTCの値動きは注視しながら慎重に何度かに分けて買うようにしてくださいね。

ではまた(‘ω’)ノ


人気ブログランキング