仮想通貨Elastos(ELA)について、取引所や将来性、NEO系列コイン

ども、はれれです(‘ω’)

今回は久しぶりに草コインについてご紹介します。

先日バイナンスで不正投票があったとして投票数一位になったにも関わらず上場を逃したELAについてです。僕もこれはいかがなものかと思っていたのですが、投資先としては中々魅力的なのでご紹介します。

ELA関係情報リンク

ELA公式サイトはこちら

公式ツイッターはこちら

Mediumこちら

Redditはこちら

ELAチャート、時価総額順位等

ELA基本情報

NEO系列通貨
総供給33,000,000枚(最終)
NEO系列トークン(NEOのスマートコントラクトを使う)
分散型P2Pプラットフォーム(Dapp)
著作権管理を行う。
ソフト開発の補助を行う。
事務所があっちこっちにある。拡大中。
独自OS仕様

通貨としての特徴
  • Bitcoin= Trustworthy Ledger
  • Ethereum= Trustworthy Ledger + Smart Contracts
  • Elastos= Trustworthy Ledger + Smart Contracts + Monetizable Dapps and DigitalAssets

ELAの魅力

まだICO価格から暴騰したことが無い。プロダクトはしっかりしている。NEO系列(中華マネー)。ただし、先日バイナンス投票ではコミュニティ人数と比較してもさらに不穏なほどに大量の投票がありました。

バイナンス投票では一位を獲得。

ELA公式の弁明によると運営者の今までの人望によるものだそうだ。

もちろん投票に不正があったとしてバイナンスには上場されなかった(ただし同じく不正があったとするWPRは既に上場されている)。この逸話、裏を返せば上場、つまり価格上昇にどん欲な運営者が管理していると言う事。

いい悪いは抜きにして価格上昇の要素としては悪くない。

 

NEO系列なので中華マネーを期待できる。ただし表裏一体で暴落もありうる。

先日来、中国で規制云々の話が出ていますが、あの国は言動不一致当たり前なのでただのFUDです。いずれ仮想通貨技術が金になるとトップ層が認めた時、中国上層部の動きは速いです。一路一帯の政策がいい例です。

「分散」はこれからの仮想通貨選びにおいてキーワードとなる言葉です。規制が進んだとき、手が及びにくいのがオフショアでの運営であったり、「分散」型の取引所です

将来、仮想通貨の使い道として「Dapp」は確実にクル。これを売りにし始めた仮想通貨が多いのもそのためです。ただし、僕はいま現在でこれを売りにしている通貨が将来的にコア通貨となるとは思っていません。あくまで、未来のコアDapp通貨へのたたき台となると考えています。ここはキラーコンテンツの登場次第です。

ELAのロードマップ

なお、先日もホワイトペーパーの読み方で紹介した通り、ここは遅れるのが当然なので見なくてもいいです。何より公式サイトだけだと情報が少ない。

2018年4月:スマートコントラクトとサイドチェーンでサポートされているインターフェイス仕様が公開されます。

2018年7月:大規模なデータサービスと医療保険を結ぶ大規模なアプリケーションやプロジェクトが始まります。

2018年8月:モバイルWebアプリケーションのフレームワークは、オープンソースとして公開され、エラストのアプリケーションエコロジーに貢献します。

ELAのトークン配分について

余談ですが、1ELAはそこそこ高い金額です。草コインなのに数千円します。もし仮に将来高騰した時、小数点単位でのやり取りの呼び方・・・なぜか既に決めてあるんです。

「SELA」です。1ELAは10の8乗(1億)Selaに相当します。

下記がICO段階での配分。インフレ対応等についてはそこまで目新しいものはないです。

ELAのチームメンバー

Rong Chen

Project Founder and Planner
Chairman of elastos Foundation
Director of Tsinghua University iCenter

Feng Han

Co-founder; Board Member
Visiting Scholar & Research Associate at Columbia University
Advisor at Huawei Central Institute

Fay Li

Chief Marketing Officer

Hongfei Da

Independent Director
Founder and CEO of NEO=ネオのCEO

NEO系列というかNEOプロジェクトメインの人がチームにいる。

強い(確信)(`´)

なお、僕が個人的に気になったのはこの人。

Lee Willson

Global Adoption Advisor

なんか一人だけ浮いてるんですけど。一人ぐらいヤッちゃってそうな目つき・・・。

でも調べてたらノームチョムスキーのこの言葉を好んでいたことがわかりました。

大衆を消極的にそして従順にする賢い方法は許可される意見の幅を厳格に狭く規定する事だ。

この言葉の意味を理解できている人がアドバイザーにいる・・・。おもしろい。

ELAの提携先

これが公式に張られているパートナーシップですが実はまだまだあります。さっさと更新して欲しいのです。随時追加していきますが以下の通りです。パートナーは現在も増加中。

Foxconn (world’s largest electronics manufacturer)

SAIC Motor (China’s largest auto manufacturer)

AVIC (Chinese state owned aerospace/defense company, Fortune 500 company)

Alibaba and Huawei

Zapya (400 million users, p2p file sharing app)

ELAまとめとチャート

elastosの魅力わかっていただけましたか。

アルトバブルをまだ経験していないので次回のバブル時に期待したいですね。

現在ELAが買える上場先はhuobiです。

チャートはこんな感じ。

最高値から半額以下になっています。

ICOトークンセールの結果

ICOトークン価格:1ELA = 18.09USD(0.00125BTC)

資金調達目標:94,100,000USD(6,500BTC)

プリセールでの販売: 57,000,000USD (4000BTC)

現在価格が0.00387BTCなのでまだICO価格割れまではしていません。購入する時参考にでもして下さい。

いかがでしたでしょうか。このクソ地合いこそ評価されていない優秀な草コインを探すにはいい地合いだと僕は思っています。皆さんも一喜一憂せず色々と調査してみてください。

ではまた(‘ω’)ノ

↓応援クリックお願いします。


人気ブログランキング

コメント

  1. 名無しさん より:

    はじめまして、いつもブログを読ませていただいています。

    ELA(Elastos)の時価総額についてなんですが、記事の内容で計算するとプリセールの販売数が約320万トークンってことですよね。
    この数字に現在の価格($26ぐらい?)をかけると、プレセール分だけでも時価総額が$83,200,000となりランキングで100位前後に届いていることになります。

    Coinmarketcapだと現在の流通数が不明なものは時価総額が『?』となりランキング下の方に飛ばされるので、恐らく順位を勘違いされているのではないでしょうか。

    • はれれ より:

      あ・・・失礼しました( ;∀;)
      上場後の価格と流通してる通貨枚数予想して計算すると100位前後いってそうです。というか100位よりかなり上にいそう…。
      coinmarketcapそのまま鵜呑みにしてましたいかんですね。さっそく色々と記事修正します、ありがとうございました。
      ちなみに https://blockchain.elastos.org/addrs/richest-list 
      ここを見ると上位保有アドレスだけでかなりの割合持ってるようです。ロックされている枚数大体予想付きそうですが・・・実際の流通量気になるところですね。
      ELAはもうちょっと色々と調べてみます(‘ω’)いつも見ていただいてありがとうございます!